Una cosa de mi suegro 義父のこと


Ayer mi esposo fue a asistir a una reunión del grupo de la actividad voluntaria.
昨日は夫はボランティアの集まりで出かけました。

No volvió a casa por la tarde. Yo creía que estaría en casa de su padre. Mientras preparaba la cena, me dí cuenta de que mi móvil estaba brillando.
夕方帰って来ないので私は夫が当然、義父の家に言ってると思って夕食の準備をしていました。
携帯が光ってるのに気付きました。

Mi esposo me dijo que fuera a casa de mi suegro para darle la madicina.
そこには義父のところには行けないので行くようにと書いてありました。

Como ya había pasado las seis de la tarde, fui de prisa. Era la hora de acostarse para él.
6時過ぎていましたので慌てていきました。義父は寝る時間です。

Al llagar a su casa, la puerta estaba cerrada con llave y una cadena(segunda llave)
着いたらドアには鍵も鎖もしてありました。

Antes, mi esposo había enderezado la cadena sin que su padre se diera cuenta para quitarla desde fuera. No obstante es técnicamente dificil para quitarla.
以前から鎖は外からでも開けられるように義父にわからないように伸ばしてあります。それでもとても技術が要ることで簡単に開きません。

Me esforcé mucho como si fuera ladróna. Aunque pude entrar en su casa, no pude verlo porque estaba en el dormitorio que estaba cerrado con llave.
寒いところで泥棒のように頑張って開けましたが、今度は寝室に鍵がかかっています。

Tenía que abrir la puerta cuidadosamente sin que se diera cuenta.
ドアの傍に居たら鍵を開けるのに気付かれてしまうので注意しなければなりません。

Aunque llamé a la puerta fuertemente, no se oía porque tiene dificultad para oír.
かなりの音を出してノックしましたが難聴ですから聞こえません。

Como creí que no estaba cerca de la puerta, abrí con llave.
それで近くに居ないことがわかりましたので鍵を開けて入りました。

Aunque tenemos todas las llaves de su casa, mi suegro no lo sabe.
すべての鍵を持っていますが、私たちが持ってることは義父には言ってありません。

Nos extrañamos de que mi suegra no sospeche que tengamos llaves.
入って行っても不思議にも思わないので私たちもそれが不思議です。



Ya se había puso la pijama y estaba chupando un caramelo.
既にパジャマに着替えて寝る準備をしていましたが、飴をなめていました。

Me dijo que pusiera la medicina sobre la mesa, porque quería tomarla después de comerlo. Le dije que esperaría a que la tomara, porque se le olvidaría pronto.
薬は飴を食べてから飲むのでそこに置いておくようにいいましたが、忘れてしまうので食べ終わるまで待ってると言いました。

Luego fue al aseo.
すると、洗面所に去っていきました。

Enseguida al volver me dijo: " Por fovor, damela".
帰ってきて「はい、おねがいします。」と。

Tiró el caramelo en la basura.
飴を捨ててきたのです。

Me alegró de que tuviera mente normal a pesar de tener Alzheimer.
アルツハイマーの病気でもまともなところがあって嬉しくなりました。

Creo que no se agravará gracias a la medicina llamada Aricept.
このアリセプトという薬のお蔭です。

画像

この記事へのコメント

雪見です
2012年12月09日 21:25
ウーン、淡々と投稿していらっしゃいますが、なかなか難しい状況ですね。偉いと思います。やさしいと思います、ビオレタさんは。
ここかか
2012年12月14日 17:52
お久しぶりですビオレタさん。ブログ頻繁に更新されてますね。尊敬です。我が家のおばあさんも認知症の認定を受け、今、週1ですが、デイサービスに行っています。ビオレタさんの様に対応できたらなといつも思います。
私もばあばの事でブログを書いています。たまにしか更新しませんが、お暇なときにでも見てください。
http://baabalog.blog.fc2.com/
日本語です(笑)

この記事へのトラックバック